滋賀県立堅田高等学校
サイトマップ
アクセス
〒520-0242 滋賀県大津市本堅田3丁目9番1号
HOME
学校行事
進路状況
部活動
入学者選抜
月間行事予定
リンク
メニュー
文字サイズ
小
中
大

学校評価

 平成22年度 学校評価(中間評価)

 
 学校評価は、学校の課題と成果を明らかにし、学校改善を進めるとともに、学校の経営責任・説明責任を果たすためのものです。平成22年度は、4月当初に23の評価項目を設定しました。
 中間評価については、「滋賀県立学校学校評価実施要綱」の定めるところにより自己評価とし、全教員に評価項目ごとにアンケート調査を実施しました。
 各評定については、アンケート調査結果や取り組み状況等をもとに、校内組織である運営委員会および職員会議をとおして総合的に判断しました。
 
<別表1> は、「学校評価表(中間評価)」と呼んでいるもので、23の評価項目とその評定の一覧表です。
<別表2> は、評定の根拠を示す資料で、「評価シート」と呼んでいます。アンケート調査の質問事項(調査項目)、評価別回答数とその割合、平均値などが記載されています。
<別表3> は、昨年度末に公表しました「平成22年学校改善策」の実施状況についての中間報告です。
 
 なお、年度末には、「総合評価」として、「自己評価」と「学校関係者評価」を確定し、「平成22年学校改善策の実施状況」と併せて公表します。その基礎資料とするため、12月上旬に全生徒・全保護者・全教員にアンケート調査を実施しますので、ご協力をお願いします。
 また、総合評価については、学校側は重く受けとめ、「平成23年度学校改善策」として対策をとりまとめ、公表するとともに、課題解決にむけて最大限の努力をいたします。
 

<別表1> 平成22年度学校評価表(中間評価)

 
番号 領域 評価項目 評定
1 学校教育 学校は「受けとめよう生徒の心 伝えよう教師の熱意」を実践している。 A
2 学校は地域に根ざした学校づくりを推進している。 A
3 学習指導 学校は落ち着いた秩序ある授業を行っている。 A
4 学校は生徒に「わかる授業」を行っている。 A
5 生徒は基礎的な学力を身につけている。 B
6 学校は公正・公平な学力評価をしている。 A
7 生活指導 生徒は身だしなみを整えている。 A
8 生徒は始業・集合などの時間を守っている。 A
9 生徒は挨拶を励行している。 A
10 進路指導 学校は生徒の勤労観・職業感を育成している。 B
11 学校は生徒一人ひとりに応じた進路指導を行っている。 A
12 学校は進路に関する情報を生徒や保護者に提供している。 A
13 特別活動 生徒は部活動に積極的に取り組んでいる。 B
14 生徒は学園祭(体育祭・雁翔祭)に積極的に取り組んでいる。 A
15 図書館 学校は生徒の読書活動を啓発している。 B
16 保健指導 学校は生徒の健康管理と病気の予防に努めている。 B
17 人権教育 学校はLHRなどをとおして生徒の人権意識を高めている。 B
18 学校に生徒一人ひとりの居場所がある。 B
19 環境教育 学校は日常の掃除をとおして生徒の美化意識を高めている。 B
20 事務管理 学校は省エネに努めている。 B
21 その他 学校は生徒の安全・安心を確保している。 A
22 学校は保護者等の来校や電話にていねいに応対している。 A
23 [全体として]生徒は学校生活に満足している。 B
 
 
 ◎ 評定については、次の4段階で表しています。
 A = ほぼ当てはまる B = やや当てはまる
 C = どちらかというと当てはまらない D = ほとんど当てはまらない
 
 ◎ 中間評価の評定については、教員対象のアンケート調査結果を参考資料としています。詳細なデータ等については、<別表2>の「評価シート」を参照ください。
 
 

<別表2> 平成22年度学校評価(中間評価)評価シート

 
今回のアンケート調査の対象者は教員です。
「回答数」の計については、無回答の数は含んでいません。
「回答数」の①~④の記号は、回答内容を表しています。
①= ほぼ当てはまる ②= やや当てはまる ③= どちらかというと当てはまらない ④= ほとんど当てはまらない
①~④の欄については、上段の数字が回答実数を、下段の数字がその割合(パーセンテージ)をそれぞれ表しています。
「平均値」は、①の回答1つを4点、②を3点、③を2点、④を1点にそれぞれ換算し、その合計を回答数の計で除した値です。
「ランク」の記号は、平均値をランク付けしたものです。
A= 4.0~3.3 B=3.2~2.5 C=2.4~1.7 D= 1.6~1.0
また、各ランクの上位0.2を「+」、下位0.2を「-」で表示しています。
「評定」は、平均値、ランク、具体的な取組み等をもとに総合的に判断した評価を表しています。
A= ほぼ当てはまる B= やや当てはまる C=どちらかというと当てはまらない D= ほとんど当てはまらない
「備考」は、昨年度中間評価の「平均値」との比較を表しています。「―」は変化なし。
 
番号 調査項目 回答数 平均値 ランク 評定 備考

(4点)

(3点)

(2点)

(1点)
昨年度 一昨年度
1 私は「受けとめよう生徒の心 伝えよう教師の熱意」を実践している。 42 19
45.2%
21
50.0%
0 0 3.4 A- A 3.5 3.3
2 学校は地域に根ざした学校づくりを推進している。

43

26
60.5%
10
23.3%
7
16.3%
0 3.4 A- A 3.7 3.5
3 私は落ち着いた秩序ある授業を行っている。 39 19
48.7%
20
51.3%
0 0 3.5 A A 3.5 3.6
4 私は生徒に「わかる授業」を行っている。 39 10
25.6%
29
74.4%
0 0 3.3 A- A 3.3 3.4
5 私が教えている教科(科目)では、生徒は基礎的な学力を身につけている。 39 2
5.1%
26
66.7%
11
28.2%
0 2.8 B B 3.1 2.7
6 私は公正・公平な学力評価をしている。 39 25
64.1%
14
35.9%
0 0 3.6 A A 3.8 3.8
7 生徒は身だしなみを整えている 43 14
32.6%
27
62.8%
2
4.7%
0 3.3 A- A 3.1 3.4
8 生徒は始業・集合などの時間を守っている。 43 29
67.4%
14
32.6%
0 0 3.7 A A 3.5 3.7
9 生徒は挨拶を励行している。 43 18
41.9%
23
53.5%
2
4.7%
0 3.4 A- A 3.0 3.1
10 学校は生徒の勤労観・職業感を育成している。 43 7
16.3%
26
60.5%
10
23.3%
0 2.9 B B 3.1 3.1
11 学校は生徒一人ひとりに応じた進路指導を行っている。 43 19
44.2%
23
53.5%
1
2.3%
0 3.4 A- A 3.5 3.5
12 学校は進路に関する情報を生徒や保護者に提供している。 43 15
34.9%
26
60.5%
2
4.7%
0 3.3 A- A 3.3 3.4
13 生徒は部活動に積極的に取り組んでいる。 43 5
11.6%
27
62.8%
11
25.6%
0 2.9 B B 2.8 2.9
14 生徒は学園祭(体育祭・雁翔祭)に積極的に取り組んだ。 42 22
52.4%
20
47.6%
0 0 3.5 A A 3.5 3.4
15 学校は生徒の読書活動を啓発している。 42 3
7.1%
21
50.0%
18
42.9%
0 2.6 B- B 2.7 2.7
16 学校は生徒の健康管理と病気の予防に努めている。 43 9
20.9%
32
74.4%
2
4.7%
0 3.2 B+ B 3.4 3.1
17 学校はLHRなどをとおして生徒の人権意識を高めている。 42 4
9.5%
29
69.0%
7
16.7%
2
4.7%
2.8 B B 2.9 2.9
18 学校に生徒一人ひとりの心の居場所がある。 41 3
7.3%
26
63.4%
12
29.3%
0 2.8 B B 2.8 2.8
19 学校は日常の掃除をとおして生徒の美化意識を高めている。 43 10
23.3%
24
55.8%
9
20.9%
0 3.0 B B 3.0 3.1
20 学校は省エネに努めている。 43 6
14.0%
22
51.2%
13
30.2%
2
4.7%
2.7 B B 3.0 2.9
21 学校は生徒の安全・安心を確保している。 43 14
32.6%
27
62.8%
2
4.7%
0 3.3 A- A 3.3 3.3
22 私は保護者等の来校や電話にていねいに応対している。 43 26
60.5%
16
37.2%
1
2.3%
0 3.6 A A 3.8 3.6
23 [全体として]生徒は学校生活に満足している。 42 6
14.3%
36
85.7%
0 0 3.1 B+ B 3.2 3.1
 
 

<別表3>平成22年度学校改善策の実施状況(中間報告)
(○数字は重点施策)

 
 ○ 「ほぼ目標を達成できた」または「ほぼ目標を達成できそうである」
 △ 「一定の成果があった」または「一定の成果はあげられそうである」
 × 「成果がなかった」「成果がなさそうである」または「実施できなかった」「実施を断念した」
 ― 今後実施する予定である。
 
A 学習指導 進捗状況
家庭学習の充実に向けた指導のあり方を確立する。
新学習指導要領にもとづき道徳教育を組織的に推進する。
生徒への授業アンケートを全科目で実施し、授業改善に役立てる。
数学・英語の小テストを学年に応じて計画的に実施し、積極的な取り組みを促す。
10分間読書活動を継続・拡大する。 ×
特別時間割を早く周知する。
 
B 生活指導
大きな声で校歌が歌えるよう指導と工夫を重ねる。
挨拶を励行する学校づくりをさらに推進する。
遅刻・欠席のない集団づくりにさらに取り組む。
予鈴時の着席、号令、挨拶など授業開始時のマナーを徹底する。
提出物や集合など学校生活におけるあらゆる時間を厳守させる。
 
C 進路指導
求人開拓を早期に実施し、就職希望者全員の内定を得る。
計画的な補習授業や講演会などの実施により進学指導を強化する。
1年次のキャリア教育や職業選択セミナーの内容を充実させる。
個人面談を継続的に実施する。
 
D 人権教育
人権学習のLHRで回収したアンケートや感想を迅速に取りまとめ、適切な時期に生徒にフィードバックする。
 
E 学校行事
学期ごとの行事予定を保護者に配布する。
 
F 部活動
部活動加入率を向上させる。
部活動の一環として年1回は地域行事への参加・貢献ができるよう計画する。
考査1週間前および考査期間中の部活動計画を保護者に周知徹底する。
 
G 健康・特別支援
長欠生徒への支援について係と学年がより連携を深める。
生徒対象のAED講習会を実施する。
 
H 教育環境
校内に生徒の作品を常時展示する。
放課後に自習室や面談室を確保する。
 
I その他
特色ある行事の実施や生徒の顕著な活躍については、速やかにHPに掲載する。
北大津養護学校との交流などボランティア関連の活動を行う。
計26施策(うち重点施策13)
 
 
▲このページのトップへ
Copyright (c)  Katata High School All rights Reserverd.