滋賀県立堅田高等学校
サイトマップ
アクセス
〒520-0242 滋賀県大津市本堅田3丁目9番1号
HOME
学校行事
進路状況
部活動
入学者選抜
月間行事予定
リンク
メニュー
文字サイズ
小
中
大

学校行事

 「ふれあい教育対談」が本校で開催され、県教育委員の皆様が来校されました。

 
第1部 学校からの概要説明(会議室) 8月20日(金)午後2時から本校を会場に「ふれあい教育対談」が開催され、高橋啓子教育委員長・末松史彦教育長を含む教育委員6名全員と県教育委員会事務局4名の皆様が来校されました。
 「ふれあい教育対談」は、県教育委員の方が直接、学校・園や教育関係機関、社会教育施設などを訪問され、教育活動の現場や教育環境を視察されるとともに、教職員等の関係者との対談をとおして地域の教育事情等を把握され、県の教育振興に生かされています。毎年8回実施されており、本年度は今回が2回目の開催です。テーマは、本校の特色である「地域に根ざし、地域に愛される学校づくり」となりました。
 「ふれあい教育対談」は3部構成で実施され、第1部では、挨拶・出席者紹介のあと本校の概要説明が行われました。校長からは、学校の沿革、教育目標と重点目標、進路状況などについて、生徒指導主任からは教員の「地域との協働」について、教務主任からは「地域から得ている協力」と「地域への協力・貢献」について、それぞれ説明があり、質疑応答が行われました。
 
第2部 図書委員会活動と図書委員との交流(図書室)
 
第2部 3年進学補習の参観(小会議室) 第2部は参観と施設見学で、図書室での図書委員会の活動、体育館でのバトミントン部と卓球部の練習、小会議室での数学の3年進学補習を見ていただきました。図書委員に丸子船研究やお話し会の活動などについて質問され、地域との交流を高く評価していただきました。体育館では、「何時間練習しているの?」「新チームになってキャプテンは苦労していますか?」「チームの目標は?」などと気さくに話しかけてくださり、部員にとっては大きな励みになりました。
 
 
 第3部の対談は、出席者の自己紹介で始まり、学校側からは教職員8名のほか大宅PTA会長ならびに中島学校評議員、それに地域の行事などに協力している部活動や委員会の生徒代表10名が参加しました。高橋委員長の軽妙な司会もあって、生徒一人ひとりが地域活動に関する感想や思い、それに夢や希望を率直に語りました。「交流した子どもたちに、あとで出会ったとき声をかけてもらうと本当にうれしいです」(図書委員会代表)「みんないろいろあるけれど、そんなみんなと一緒に勝ちたいのです」(ウェイトリフティング部長)。「自分たちでこうしたいという気持ちはあるけれど、できるだけみんなの意見を聞いて、みんなが納得できるものを一緒に作り上げていきたいと思います」(生徒会長)。他にも仲間や地域を意識した発言が多くありました。
 
第3部 生徒および学校関係者との対談(会議室)
 
 午後4時30分から閉会行事が行われ、無事終了しました。教育委員と事務局の皆様、暑い中、本当にご苦労様でした。当日参加・協力してくれた生徒諸君および関係職員、それに前日校舎の掃除をしてくれた野球部員にもお礼を申し上げます。
 
 
Copyright (c)  Katata High School All rights Reserverd.