滋賀県立堅田高等学校
サイトマップ
アクセス
〒520-0242 滋賀県大津市本堅田3丁目9番1号
HOME
学校行事
進路状況
部活動
入学者選抜
月間行事予定
リンク
メニュー
文字サイズ
小
中
大

学校行事

 第60回卒業証書授与式を挙行しました。

 
 第60回卒業証書授与式が、3月1日(火)午前10時から紅白の幕がはられた体育館で挙行されました。近隣中学校の校長先生や教頭先生はじめPTA、同窓会、後援会の役員の方など計13名の皆様が来賓として出席してくださいました。
 開式の辞、国歌斉唱および校歌斉唱のあと、学級ごとに担任から呼名があり、代表者が登壇し、校長先生から卒業証書を授与されました。第60回卒業生185人の誕生です。これで本校卒業生は、計13,456人となりました。
 校長先生は、式辞の中で、「自分を成長させるために努力を惜しまない覚悟、自分の大切な人を幸せするために精一杯努力する覚悟、そのような前向きな覚悟をして欲しい。」「無縁社会と言われる世の中にあっても、人との繋がりを大切にし、努力を積み重ねながら、謙虚な気持ちで生きていく。これこそが、まさに本校の校訓「和と礼譲」の精神であり、この精神を日々の具体的な行動に結びつけ、人を愛し、人に愛され、心豊かな人生を送って欲しい。」と述べられました。
 来賓紹介と祝電披露のあと、2年生の坂本佳菜子さんが、在校生を代表して送辞を述べました。先輩への感謝の言葉を述べるとともに、「これからの私たちには、苦しく、辛いことが起こるかもしれませんが、そんなときは、力強く、たくましかった先輩方のことを思い返して頑張りたいと思います。」と決意を述べました。
 続いて、川地秀果さんと城ノ口典子さんの2人が、地村美鈴さんのピアノ演奏をバックに答辞を交替で読み上げました。堅田探訪、修学旅行、雁翔祭(学園祭)などの学校行事や部活動の思い出を語るとともに、先生・保護者に心のこもった感謝の言葉を述べました。そして、後輩たちには「明日からは、皆さんが堅田高校を支えていくことになります。私たちにとっても、将来の皆さんにとっても堅田高校がよき母校であり続けることを心より願っています。」とメッセージを残してくれました。
 式歌では、3年生が川尻真莉佳さんの伴奏で「旅立ちの日に」を、在校生と教職員が堀田眞代さんの伴奏で「蛍の光」をそれぞれ歌いました。
 閉式の辞のあと、退場する前に、学級ごとに担任に向かって、「先生、ありがとうございました」などの感謝の言葉が贈られました。生徒会役員から卒業生一人ひとりに花が贈呈され、満場の拍手の中、3年生は会場を後にしました。
 来賓の方からは、「本当によい卒業式でした」と感想をいただきました。卒業生の皆さんのご多幸とご活躍を心よりお祈りします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 (IE8はツール→互換表示)
 
 
 
Copyright (c)  Katata High School All rights Reserverd.