Flashbucks
★アルバム12

配布開始日:2006/09/03 最終更新日:2006/09/05 配布元:http://flash-bucks.com/ 制作著作:takc

■はじめに

この度はFlashbucksの素材をダウンロードしていただきありがとうございます!ここではダウンロードされた素材の説明やカスタマイズ方法など説明していますので、設置の際の参考にしてください☆

■更新履歴

2006/09/05 : 画像枚数が多くなると動作が遅くなる不具合を修正しました。

■素材データの説明

・a12a2.swf :本体のフラッシュファイルです。
※swfファイルはマクロメディア社のFlashなど専用のソフトがインストールされていないとダブルクリックしても開くことができません。
※ファイル名を変更するときは、以下の設定ファイルも同じ名前にしてください。(ファイル名を変更すると正しく動作しません)

・a12a2.txt :設定用のテキストファイルです。

・sample.html :素材表示用のサンプルhtmlです。
※フラッシュの設置方法がわからない場合は、このファイルを元にページを作ってみてください。
※ローカルで正しく表示されない場合はサーバにアップしてご確認ください。

・素材解説.html :このファイルです。

■フラッシュの設置方法

ホームページビルダーなどホームページ作成ソフトをお使いの方はまずソフトの説明書をお読みください。当サイトの設置方法でも説明していますがこちらは簡単なhtmlの知識が必要となります。

ローカルPCで動作をテストする時は、swfファイルをパスが半角文字だけになるフォルダに保存してテストしてください。デスクトップやマイドキュメントなどに保存した場合、正しく動作しない場合があります。
 × C:\Documents and Settings\名前\デスクトップ\***.swf
 ○ C:\test\flash\***.swf

■カスタマイズ方法

a12a2.txtをメモ帳などで開き、以下を参考にして太字の箇所を編集してください。

//切り替え方法(自動:1 手動:0)
&slide=1&
●画像の切り替え方法を設定します。1にすると画像が自動的に切り替わる「自動モード」に、0にすると左上にボタンが現れ手動で画像を切り替える「手動モード」になります。※「自動モード」ではボタンは表示されません

//画像一枚の表示時間(秒)
&mvT=3&
●切り替え方法を「自動モード」に設定した時の画像一枚あたりの表示時間です。「手動モード」の時は関係ないのでそのままで結構です。

//画像枚数
&imgNum=5&
●表示する画像の枚数を設定します。

//画像パス
&img1=1.jpg&
&img2=2.jpg&
&img3=3.jpg&
&img4=4.jpg&
&img5=5.jpg&
●表示する画像を設定します。画像のファイル名を記入してください。よくわからない場合は、画像のフルパス(http://○○○.com/1.jpgのような)を入力してください。添付の設定ファイルには5枚分のスペースしかないので、画像枚数を5枚以上に設定した方は、以下を参考に行を増やしてください。

【画像を10枚表示したい場合】
&img6=6.jpg&
&img7=7.jpg&
&img8=8.jpg&
&img9=9.jpg&
&img10=10.jpg&

【読み込み画像について】
・画像サイズはFlashサイズ(640*480)より小さいサイズにしてください。
・読み込める画像はJPGファイルのみです。(プログレッシブJPGは読み込めません)


■アップロード

必要なファイルをサーバにアップします。a12a2.swfとa12a2.txtは同じ階層(フォルダ)にアップしてください。

■さいごに

これからも皆様に喜んで使っていただけるような素材を提供していきたいと思っていますので末永く宜しくお願いいたします。またのご利用をお待ちしております!

Flashbucks管理人 takc

COPYRIGHT (C) 2006 FLASHBUCKS ALL RIGHTS RESERVED